インフルエンザはなぜ流行るのでしょうか

秋から冬にかけて、日本中に蔓延させてしまう病気にインフルエンザがあります。
どんなに注意をしていても蔓延してしまいます。

なぜ流行ってしまうのかというのには理由があります。
それはインフルエンザが乾燥している時期に移りやすいということと、ウィルスが飛沫感染のため、目に見えないということ、さらに感染力がとても高いということにあります。
冬はとくに乾燥してしまうので、感染しやすい時期と言えるのです。

インフルエンザに感染すると潜伏期間がありますがそれが2日くらいといいます。
そして高熱がでると、48時間以内にインフルエンザの特効薬と言われる、タミフルやリレンザという薬を吸入すると、比較的早くに熱が下がってしまうことがあります。
忙しいビジネスマンや、働いている母親は自分の子供が熱がさがったらなぜだかわかりませんが学校に行かせてしまうケースがあります。
でも熱がさがったとしても体の中でウイルスは生きているので、そのときに別の人に移している可能性があります。
これが爆発的に患者を増やしてしまい、流行してしまう一番の原因なのです。
なぜ流行るのかといえば、ウィルスがみえないということと、完全に体の中でウィルスがなくなっていない状態で学校や職場とか電車とか人の集まるところに出てしまうので、どんどん感染してしまう人が増えていってしまうのです。
対策としてはインフルエンザが流行る時期に、予防接種をしておくということです。
どんなに流行る時期になったとしても、自分で移らないように予防するしかないのです。

どんなに予防をしたからといって100%かからないということはないのですが、それでも症状はなにもしない時よりも、軽く済むということです。