日本では予防接種を受けている人の割合が高いです

日本では各種の予防接種を受けている人達の割合がとても高いです。一口に予防接種と言いましても様々な種類のものがありますが、特に乳幼児や児童等のいわゆる子供に受けさせる予防接種に関しては非常に接種率が高いものとなっています。それでは一体どうして日本では子供が受けるものを中心とする予防接種の接種率の割合が高いのでしょうか。
まず日本で各種の予防接種を受けようとする場合、多くの種類のもので国から補助があります。その為金銭的な負担をすることなく、気軽に誰でも接種を受けることが出来るというわけなのです。そしてこのことは決して当たり前のことではなく、国によっては多くの種類の予防接種で国からの補助がない場合というのがあります。もしも日本が完全に国からの負担をしない国であるならば、日本の接種率の割合は、今よりももっともっと低いものであることは間違いないでしょう。何故ならば予防接種は何千円とかかることが普通であり、決して何百円で済むような安いものではないからです。加えて消費税や物価等が上昇していますので、接種料金まで負担できないと思われる人々が急増しても決して不思議なことではありません。増して日本はとても衛生環境が良い国でありますので、値段が高いのならばいっそのこと接種を受けるのを止めてしまおうと思う人達がいても決して不思議なことではないのです。
それから日本での予防接種の接種率の割合が高いもう一つの理由として、日本人がとても心配性な国民性をしているからというものもあります。数万人に一人しかならないような病気であったとしても接種を受けておくに越したことはないと思っている用心深い人が多いですので、そのことも接種率が高い原因の一つとなっているのです。