新インフルエンザ予防には予防接種に加え加湿も大切

インフルエンザに限らず、予防接種にはメリットとデメリットがあります。特にインフルエンザの予防接種については、ワクチンの効果が実感しにくく、デメリットだけがマスコミなどで報道されるため、反ワクチン論も持ち上がっています。ワクチン接種後に健康被害が生じた場合には、因果関係が不明な場合でも、ニュースになるのが現状です。
反ワクチン論者は、ワクチンには欠点もあると主張していますが、それはインフルエンザワクチンも同じことで、メリットもあればデメリットもあります。ただデメリットと比較してメリットの方が大きければ、そのワクチンには価値があると考えられるのではないでしょうか。

インフルエンザは毎年流行の型があります。毎年冬を中心に流行するのが季節性インフルエンザですが、ほとんどの人が免疫をすでに持っているので、感染しても症状が軽くすみ、数日で回復することがほとんどです。
一方新インフルエンザは、新しく現れたインフルエンザのため、ほとんどの人が免疫をもっておらず、世界的に大流行する可能性があります。新インフルエンザに感染すると、ウイルスに抵抗する力がないため、重症化し命が危ぶまれることもあるので、注意が必要です。
季節性と同様の症状に加え、新インフルエンザには下痢、嘔吐、腹痛、鼻血、歯肉出血の症状が現れる場合があります。

感染予防には、予防接種はもちろん、マスクやうがい、手洗いが大切です。また乾燥を好み多湿環境には弱い性質があるので、予防にはウイルスが生きていけない空間を作ればよいということになります。それを実現するのが加湿器です。加湿器は適切な湿度を保持をする事ができますから、空気中のウイルスにはもちろん、加湿によって喉の粘膜を保護してウイルスに感染しづらくする効果もあるので、とても効果的です。